顎 ニキビ 治らない

ルナメアAC体験レポート

富士フィルム独自の研究により大人ニキビの原因が、部分乾燥による毛穴の詰まりであることを解明。ナノ化技術により有効成分をニキビへ直接浸透させ、顎ニキビを撃退させるコンセプトがルナメアACです。

 

ニキビで悩む大人女性の間で人気があり、口コミでも評価の高いルナメアACを実際に購入しレビューします。

お試し1週間キットを富士フィルムの公式サイトから注文。3日後には手元に到着。さすが大手フィルムメーカーですね。外側のパッケージに印刷がほどこされていて、ビニール梱包で綺麗に送られてきました。このパッケージを見ただけで、少しテンションが上がります。

 

まず箱の中を開けて最初に感じたのが、商品の充実具合!もちろん、1,000円にしてはです。泡立てネットまで付いているので、何かお得感があります。

 

メインとなるのがこの4つです。右から2番目はオマケで、化粧水のしっとりタイプのサンプルです。洗顔料 ⇒ 化粧水 ⇒ 保湿ジェルクリームの3つのステップで使います。

 

ルナメアACの商品説明、考え方、成分、使い方が載っています。

 

中身を確認すると、ルナメアACの最も特徴となる、洗顔料の「ファイバースクラブ」、化粧水とジェルクリームで採用されている「アクネシューター」の説明になります。

 

使い方とお手入れ方法が書かれています。

 

ルナメアACの正規品を、お得に買える情報です。お試しセットを購入してから30日以内だと、25%OFFになるといった内容です。メーカーとしては、こちらを買って欲しいという内容ですね。

 

<STEP1> 洗顔料(ファイバーフォーム)

名前がファイバーフォームというだけあり、毛穴より細かい繊維により毛穴の汚れを落とすといったものです。その繊維の太さは、10〜50マイクロメートルなので、物凄く細かい繊維状のスクラブです。

 

この洗顔料の中にも「うるおい成分」が入っています。殺菌剤は入っていないので、お肌に優しい作りといえます。ニキビの発生元を直接キレイにするので、殺菌剤は必要ないということです。

 

 

付属してくる泡立てネットを、水で濡らします。

 

適量(今回は1cmくらい)のファイバーフォームを指に取り出します。フランス産の「クレイ」が配合されているということで、グレーがかっています。

 

洗顔料を泡立てネットに付けて、揉むようにすると泡立ってきます。ポイントは泡立てネットを濡らし過ぎないのと、空気を入れるようなイメージで、揉み込むことです。

 

最後に泡立てネットを絞れば、モコモコの泡の出来上がりです。

洗顔料(ファイバーフォーム)を使った感想

ニオイは無臭です。かなり濃いめの泡で、逆さにしても落ちないモチモチの泡です。この泡を顔にのせてみると「フカフカで気持ちいい」というのが印象です。ゴシゴシこするように洗うのではなく、泡を転がすように優しく洗いました。

 

ぬるま湯で洗い流します。泡ばなれもよく、サッと泡がなくなります。

 

洗い上がりはサッパリです。余分な皮脂を、クレイが吸い付くように吸着し、汚れを取り除いてくれた感じです。保湿成分も入ってるらしいのですが、人によってはツッパリを感じてしまう人もいるかもしれません。アクネ菌のエサとなる、皮脂は落とせた感じです。

 

<STEP2> 化粧水(スキンコンディショナー)

ルナメアACの化粧水には、「ノーマル」、「しっとり」の2つが用意されています。しっとりタイプはサンプルで2つだけ付いてきます。写真はノーマルタイプの化粧水です。

 

これらの特徴は、ルナメアAC独自の新成分「アクネシューター」が含まれていることです。油溶性で毛穴の油分になじみやすくし、潤いを与えます。

 

 

 

 

 


かなり水っぽく、サラサラしたテクスチャーです。

 

 

こちらはしっとりタイプで、無色透明は同じですが、ノーマルタイプと比べると、とろみがあります。

化粧水(スキンコンディショナー)を使った感想

ノーマルタイプは、肌にスーっと入っていき浸透している感じはしますが、しっとり感は少ないです。サッパリと軽いつけ心地です。化粧水は必要最小限にして、ベトツキやテカリを抑えたい方は、ノーマルタイプが向いていると思います。

 

一方、しっとりタイプは、浸透していく感じは少ないですが、保湿感はかなり高いです。使った後は、肌がもっちりし潤いに満ちた感じです。ニキビケアについていうと、しっかり保湿させたいので、個人的にはしっとりタイプを使いたいですね。

 

<STEP3> ジェルクリーム

STEP2の化粧水で、潤いを補給した後は、ジェルクリームでさらに保湿し、バリア機能により潤いをキープします。

 

こちらも化粧水と同じ、ルナメアAC独自成分の「アクネシューター」が入っています。

 

 

 

 

 

 


ジェルクリームの容器の先端は細くなっています。手の甲に付けてみましたが、やわらかめの白いクリームです。

 

 

軽く伸ばしてみると、お肌に抵抗なく浸透していくのを感じます。クリームの伸びはかなりいいです。

ジェルクリームを使った感想

保湿クリームは使った後に、ベタツキが残るのが多いですが、このジェルクリームは塗って1〜2分もすればサラっとした肌に戻ります。それでいて、しっかりと潤いをキープしてくれます。

 

肌の弾力ともちもち感が残ります。クリームは柔らかく、よく伸びるので少ない量でも広範囲に使えました。万が一保湿感が足りなければ、重ね塗りしてもいいのでは?と感じました。

 

 

 

■総評

洗顔フォームの皮脂を吸い付くように、しっかりと汚れを落とす感じと、化粧水の浸透性はかなり満足できるものでした。化粧水の好みは分かれると思いますが、ニキビケアに対する保湿力という点でしっとりタイプが良かったです。

 

ジェルクリームは最後にしっとりとフタをしてくれます。ジェルよりは固く、クリームよりは、みずみずしい感じです。口コミを見ると、しばらく使えば化粧水だけで十分保湿され、必要ない人もいるらしいです。ただ、最初の使い始めと乾燥肌の人は使われることをオススメします。

 

洗顔料、化粧水、ジェルクリームともに、ヒリヒリした感じや刺激はいっさい無かったです。優しい成分で構成されているのを感じられました。

 

1週間続けて、たっぷりと保湿されたことで、炎症はかなり抑えられました。また、新規ものの発生が少なくなったのを感じます。炎症が抑えられた分、顔全体も少し明るくなった気がします。1週間だけの使用でしたが、十分効果を感じられた方だと思います。

 

 

本製品は安くはないのと、スキンケア商品は実際に使ってみるまで「合う」、「合わない」がありますので、まずはこの1週間キットで試してみるのがいいかもしれませんね。