顎 ニキビ 治らない

汗とニキビの関係について

ニキビについては多くの人が悩んでいるためか、いろんな情報が飛び交います。その中には根も葉もないようなものもあり、正しい知識をもっていないと、うっかり逆効果になるようなことを信じこんで行っている場合も少なくありません。
そうした間違ったケアを引き起こす俗説のひとつに、「汗をかくとニキビが増える」というものがありますので、確認してみましょう。

 

汗をかくとニキビは悪化する?

感覚的には冬よりも夏の方がニキビが出るように感じられたり、また汗はあまりキレイなイメージも無く、それが原因でニキビが増えそうに感じます。しかし、現代の皮膚科医の常識としては汗は関係なく、実際のデータでも理論でも夏よりも冬の方がニキビが出やすいことがわかっています。

 

汗の成分の大半は水分で、汗をかくとベタベタして感じるのは、汗そのものが皮脂なのではなく、油脂は水に浮きますから、私たちが触れる部分が皮脂であるというだけのことなのです。そして、汗や皮脂がニキビの原因というよりも、肌、特に角質層の乾燥こそがニキビの原因で、それに加えて男性ホルモンの問題があると見られています。
これは、乾燥や寒さによって角質層が収縮して詰まりやすくなり、そこに皮膚や角質層から剥がれ落ちた角栓が詰まってニキビが発生するのです。ですから、夏よりも冬にニキビはできやすく、皮脂の量というよりも毛穴の状態であり、拡張性を失わせる乾燥がより問題です。

 

汗をかいたとしても、毛穴が十分拡張していれば、皮脂が詰まるようなことにはならず、洗顔などで十分に洗い落とすことができます。むしろ適度に汗をかくことで、肌表面の角質に水分が行き、また体温が調節されて余計な乾燥を防ぎ、肌の代謝が良くなるなどの効果があります。

 

思春期ニキビは汗(皮脂)も問題

思春期ニキビの場合は大人ニキビとは少し状況が違っています。男性を想定して考えるとわかりやすいので、ヒゲの毛穴で考えてみましょう。この時期はまだ毛穴が未成熟で小さいために、ヒゲの毛も細いです。
ヒゲが生えない女性たちは、大人になってもずっとこうした小さく細い毛穴の状態で、これはちょっとの皮脂でも詰まりやすくなっています。ですから、汗に含まれる多少の皮脂だとしても、毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となることも多いために汗の処理に対する注意喚起がされています。大人ニキビの場合は角質層の保湿が重要で、乾燥させないケアが大切になります。

 

 

◆結論
「汗をかくとニキビが増える」というのは、今では迷信のようなもので、大人ニキビと思春期のニキビを混同して考えることによって出た勘違いです。
大人ニキビに対しての対策は、原因である角質層の乾燥であることを踏まえ、むしろ汗を流しながら角質層に水分が渡るようにしつつ、全身の代謝能力を高め、ターンオーバーを促す方が効果的だと考えられます。
あくまで乾燥が問題ですから、乾燥を防ぐための各種対策と、そして毎日の十分な保湿ケアによってニキビの発生を防ぐことが可能です。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキング

関連ページ

ニキビを潰すと早く治るの?
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
顎ニキビを悪化させる行動
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。