顎 ニキビ 治らない

ニキビを潰すと早く治るの?

顔の印象を大きく変えてしまうにっくきニキビは、思わず潰してしまいたくなるもの。こうしたニキビに対して「ニキビは早めに潰すと治りやすい」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ニキビを潰すことについて皮膚科医の先生から聞いた話をまとめて、ご紹介していきます。

 

 

ニキビを潰すということの本当の意味

学生の頃、「ニキビを潰す」派と「ニキビは潰さない」派で議論する、なんてことはありませんでしたか?実はこれ、どちらにも正当な主張があるため、半分正解で半分間違いなのです。しっかりわかっておいてほしいことは、原則的には潰さない方が良いということ。
それは、潰すためには物理的に触れることが必要なため、潰す行為を行う際に、皮膚にキズをつけてしまい、またそこに指の雑菌が入って炎症を起こすことが多く、かえって状態が悪くなることがほとんどだからです。

 

ピンセットなどを使うにしても、しっかり殺菌・除菌を行うことが必要で、またそれを行う際には患部周辺もしっかり清潔にしなければなりません。それにピンセットなどでもニキビの中身だけを取り出すにはサイズが大きく、周辺の皮膚にキズをつける可能性の方が高いためオススメはできません。しかし、ニキビの中身を物理的に取り出すことには意味があります。ちゃんと取り除いてケアをすることができれば、治癒を早めることは可能なのです。
それが本来的な意味の「ニキビを潰す」で、医療機関で専門的に行っている外科的な治療になるのですが、レーザーや極細の針状の器具を使って、衛生面に十分な注意を払って行います。ちょっと「潰す」というのとはニュアンスが違うかもしれませんが。

 

 

結論

「素人がニキビを潰すことは禁物だが、医療機関で専門的に行うのは効果がある」
ということになります。
ただ、あくまで回復を早める効果でしかなく、治療を受けた瞬間からニキビの腫れも炎症もなくなるわけではありませんし、今後ニキビができにくい肌になるわけでもありません。基本的にはニキビの原因となるターンオーバーの乱れを直し、健康的な生活をすると共に、洗顔や保湿をしっかり行っていくことが重要です。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキング

関連ページ

顎ニキビを悪化させる行動
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
汗とニキビの関係について
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。