顎 ニキビ 治らない

ニキビ跡へのレーザー治療 種類と費用について

ニキビ治療は基本的には塗り薬によることが多いですが、皮膚科などではレーザー治療も行われています。レーザー治療のメリットは、真皮の奥までしっかりと届いて効果を発揮するため、皮膚の奥深くで起こった炎症、ニキビ跡にも直接的に作用するところで、これは他の治療法には見られない大きなメリットです。
レーザー治療と一言で言っても様々な種類があり、用途や効能も違います。どういった施術が実際に行われているのでしょうか見てみましょう。

 

炭酸ガスレーザー

ニキビ用のレーザー治療としては最も安価で利用されることが多い施術のひとつです。これはレーザーでクレーターの角を削るようにして行います。炭酸ガスが水分に吸収されやすい性質を持っているので、施術中の出血を最小限に抑えることができるという特徴があります。
施術後は肌にかさぶた状の跡が出るため、そこから元の状態に戻るまで比較的時間がかかります。また、施術中にミスがあった場合には跡が消えないこともありますので、クリニック選びは実績のあるところを選ぶようにしましょう。
ほぼ一度の施術で終了しますから、時間とお金をかけたくない人向きです。一回あたりは10,000〜30,000円程度が目安の費用となります。

 

フレクセルレーザー

フレクセルレーザーは、肌の表面にごく小さな穴を開けて、角質よりも奥に作用してターンオーバーを促進させる治療法です。肌が赤くなったり、かさぶたになることでダウンタイムが生じますが、短期間でニキビ跡が目立たなくなる即効性が人気です。ニキビ以外の肌トラブルにも効果が大きいのも特徴です。
4〜5回の繰り返しで1セットとなるケースが多く、コース料金制も多く見られます。一回あたり費用は30,000〜50,000円くらいが多いですが、終了までは回数をこなす必要があるので、時間とお金がある程度必要です。

 

クールタッチレーザー

レーザーの照射によって皮膚の真皮層に働きかけて肌細胞の生成を促すという点では他のレーザー治療法とほぼ同じですが、同時に冷却ガスを噴射して、施術時の熱さや火傷などのリスクを減少させている治療法を言います。コラーゲンの生成を促して皮膚にうるおいとハリをもたらし、ニキビ跡を目立たなくする作用がありますが、複数回の施術が必要です。一回あたりの費用は30,000円〜60,000円となっていることが多いようです。

 

レーザー治療は保険の適用外

基本的に皮膚科のクリニックで行われるレーザー治療は保険の適用外です。保険の適用外なので、基本的に高額にはなりますが、逆に治療費に関してクリニックの裁量が大きくなっているとも言えます。
キャンペーンやコース料金、クーポンなどを上手く活用することで、同じ治療でもずっとお得に受けることができますから、
しっかりと事前に情報収集をしてから利用するようにすると良いでしょう。

 

関連ページ

ニキビ跡に残った赤みケア
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
ニキビ跡に残るシミのケア
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。