顎 ニキビ 治らない

ニキビ跡に残るシミのケア

ニキビ跡にシミができてしまうと、長い期間にわたって悩みのタネになりますよね。ニキビは症状が出ている間はもちろんのこと、ニキビが治ったと思ってもシミや赤みという形で跡が残ってしまいがちです。もともとの肌を取り戻すためには、こうしたニキビ跡に何が残っているのか、それをしっかりと把握して適切に対処していくことが重要です。
医学的にもその効果が確認されている、ニキビ跡に残ったシミを取り除くケアについてご紹介していきます。

 

 

ニキビ跡の茶色いシミは何?

ニキビ跡にできるシミとして最も多いものはやはり茶色く残るシミでしょう。こうしたシミは、ニキビが悪化して炎症を伴うようになってしまうケースで、
治療後にできやすいことがわかっていて、最悪一生残ってしまうとまで言います。こうした茶色いシミ、何でできているかと言いますと、これは炎症ができた時に、メラニン色素が肌で作られたことによるものです。
通常、健康な状態の肌ならば多少のメラニン色素が出たとしても、肌がターンオーバーを繰り返しているうちに排出されて薄くなり、最終的には元通りの肌の色にまで戻っていくのですが、ニキビを原因とする炎症が悪化し、肌の深部にある真皮にまでダメージがあった場合、メラニン色素の色がシミとして残ってしまうのです。

 

 

紫色(赤黒色)のシミ

続いて、紫色のシミについて見てみましょう。赤いような黒いような紫がかった色のシミが出ることがありますが、こうした色のシミができる理由は上記のようなメラニンとは関係がありません。このような色のシミができる原因は、真皮における毛細血管の破損にあります。炎症や化膿が悪化した場合、表皮の奥にある真皮までダメージを受けますが、このときに毛細血管が破れたりし、血管内の血液が皮膚細胞に漏れて染み込むのです。
血は赤いと思われていますが、それはあくまで酸素と結びついた場合で、赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素がない場合には黒っぽく変色します。ですから、こうした細胞に染み出した血液の色がシミとして残り、紫がかった赤黒い跡として残ってしまうのです。

 

 

 
ニキビ跡の肌を取り戻すケアは?

上記のような理由によってニキビ跡にはシミが発生するのですが、それぞれ色を作っている原因が違いますから、原因別のケアが必要です。

 

茶色のシミについては、メラニンが原因で起こる炎症性色素沈着と呼ばれ、これに対しては一般的にハイドロキノンという成分を含む軟膏でのケアを行います。メラニン色素は最初からメラニンなのではなく、元来はチロシンという物質で、このチロシンにに紫外線が当たるなどの外部刺激があると黒色メラニンに変化します。ハイドロキノンは、チロシンが変化する際に作用するチロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を直截防いでくれる効果があります。ただし、肌質によっては痛みや痒み、乾燥などの副作用も出ますので、利用にあたっては注意しながら使いましょう。
また、シミの色や種類をを問わず、ターンオーバーによって色素を排出する方法が、最も自然で安全性も高く、そして効果も高い方法と言われています。ケアのひとつは肌のターンオーバーを正常に整えることで、そのためには角質層の水分をしっかりと保つことが大切です。

 

保湿を行うことはもちろん、乾燥を防ぐことがポイントとなりますが、ホルモンのバランスにも注意しなければなりません。男性ホルモンには角質層の乾燥を招く性質があるため、ホルモンバランスが乱れると、肌が乾燥しやすくなってしまいます。生活リズムを整えることや疲れ・ストレスをためないことを基本として、もし乱れやすい体質ならホルモン治療を病院で受けるようにするのが効果的です。

 

ターンオーバーの調整によって肌のバリア機能を高めておくと、できてしまったシミをケアすることはもちろん、新しくニキビやシミができるのを予防するためにも有効ですから、やっておいて間違いの無い方法だと言うことができるでしょう。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキング

関連ページ

ニキビ跡に残った赤みケア
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
ニキビ跡へのレーザー治療 種類と費用について
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。