顎 ニキビ 治らない

ニキビ跡に残った赤みケア

ニキビはやっかいな肌トラブルのひとつで、頻繁に出てくることはもちろん、治療後にも跡がいろんな形で残ってしまうことが問題です。シミとならんで問題になるのが赤みで、一時的な炎症だと思っていたら、なかなか消えなくて頭を悩ませることが少なくありません。
今回はそうしたニキビ跡の赤みについて詳しく紹介しながら、どのように解決すべきか考えてみたいと思います。

 

 

どうして赤みが残ってしまうのか

ニキビができてしまって、少し状態が悪化していくと毛穴で炎症が起こります。この炎症は細菌に対して体を守る免疫反応が正常に働くことによって起こります。炎症自体に問題があるのではなく、そこで免疫と細菌の戦いがあったということが重要で、その戦いのとばっちりを受けて、その舞台となる細胞がダメージを受けているのです。

 

そのダメージの結果、皮膚の中の毛細血管が損傷してしまい、うっ血や炎症が起こり、それが肌の奥にそのまま残ってしまって跡となります。こうした原因で赤くなっている部分は、そのまま放置しておくと、黒っぽい褐色のシミとして残ってしまう場合があります。これはいわゆるメラニン色素の沈着によってできるシミで、皮膚細胞がダメージを受けた状態が長くなると、メラニンを排出する機能が弱り、皮膚の奥でそのままメラニンが残ってしまうためです。
メラニンは最初からメラニンとして黒っぽい色をして体内に存在するのではなく、最初は別の物質の形で体内に存在しています。ですから、メラニンをうまく分解して元の状態にできれば、こうしたメラニンによるシミは防ぐことが可能です。

 

 

赤み対策のケアは?

簡単に上記をまとめると、ニキビ跡に残る赤みの原因は、毛細血管の破れなどによる、皮膚の奥でのうっ血や炎症、そして皮膚へのダメージによるメラニン色素の沈着ということになります。これらは肌のターンオーバーを機能させることで大部分は回復できますが、それが上手くいかない場合が問題です。

 

色素沈着が原因になっているなら、ハイドロキノンの使用によって分解できますが、副作用の危険性があり、また刺激の強さから肌質によっては悪化する場合もあります。穏やかな回復を目指すなら、ビタミンCやビタミンEのような抗酸化成分を補給し、体のメラニンの還元力を高めて肌の色を元に戻していくケアが有効です。
いずれも、即効性を求めるような種類のものではありませんから、腰をすえてじっくりとケアしていくことが大切です。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキング

関連ページ

ニキビ跡に残るシミのケア
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
ニキビ跡へのレーザー治療 種類と費用について
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。