顎 ニキビ 治し方 予防

ニキビを予防する食事

ニキビケアは一日にして成らずですが、ニキビを治す上で毎日の生活習慣の改善はとても大切な要素です。今回は、生活習慣の中でも特に大事なもののひとつである、食生活に焦点を当て、ニキビを治すために役立つ栄養素や食品を紹介したいと思います。

 

 

ビタミンA


ビタミンAは緑黄色野菜に含まれることが多い栄養素で、非常にメジャーですね。このビタミンAには肌の新陳代謝の働きを助ける効果があるので、肌のターンオーバーの周期を正常化するようになります。肌のターンオーバーの周期は28日前後が普通ですが、加齢などによって乱れます。その乱れの状態が放っておかれるのは良くなく、長くなれば古い角質が残りやすく、短くなると未成熟な皮膚細胞が表に出てきてしまうため、
良好な肌の状態を作りたいならこの周期が安定するように働きかける必要があります。

 

ビタミンAの働きで、肌の免疫力も上がるので、ニキビの他にも良い効果があります。ビタミンAを豊富に含む食材には、ほうれん草やニンジン、カボチャ、レバーなど。ほうれん草やニンジン、レバーを入れたカボチャグラタンなど美味しそうですね。

 

ビタミンB

続いてビタミンBです。とは言っても、いろんな種類があるためビタミンB群と書くのが正しいです。最初はひとつの物質だと考えられていたのですが、後に複数からなるものだとわかったため、いろんな種類があるそうです。
これらは相互に関わりながら、エネルギー代謝を活発にする働きがあります。その中の脂質の代謝を調整するB2、肌のターンオーバーを促進するB6などが、ニキビに対して有効に作用し、皮脂が増えてしまうのを防いでくれるのです。ビタミンB2はウナギや納豆、ビタミンB6は肉や魚、バナナ、ナッツに多いです。

 

 

ビタミンC

おなじみのビタミンCです。ビタミンCは美容にいいという話を聞くことも多いと思いますが、その理由は美白効果と抗酸化作用、そしてコラーゲン生成促進作用です。肌をキレイにし、また老化を防ぎ、そして肌のハリやツヤを保ちます。ビタミンCが含まれる食品としては、果物類や、パプリカ、ブロッコリーなど。水溶性ですから、ジュースなどにしても損なわれることがありません。逆に熱に弱いことが多いので、加熱調理は避けた方が無難です。

 

 

ビタミンE


続いてビタミンDとしたいところですが、ニキビに効くのはビタミンE。ビタミンEは美容の世界ではもはや常識とされているビタミンで、ホルモンバランスを調整してニキビの出にくい肌を作ります。女性ホルモンが優位な状態を保つことができれば皮脂を抑制して、毛穴詰まりを防ぐことができます。
今回挙げている栄養素の中でも、特に直接的にニキビに作用する栄養素ですから、ビタミンEは積極的に摂取すると良いでしょう。ビタミンEはアーモンドや、魚の卵、シソなどに多く含まれています。あまり大量に食べるような食品でないので、サプリメントなどの利用も良いでしょう。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキング

関連ページ

ピルでニキビを治す
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
虫歯が顎ニキビの原因になることも
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。