顎 ニキビ 原因

ニキビがある時化粧水は使わない方がいい?

ニキビケアに関しては多くの俗説があり、その中には何の根拠の無いものもあります。その中のひとつである、ニキビがある時の化粧水の真偽について確認していきます。

 

化粧水は使わない方がいい?

ニキビケアの際にはいろんな注意点があるものですが、ニキビケアというと洗顔で肌の汚れや皮脂を洗い流すことばかりが注目されます。また、「化粧水は使わない方がいい」というようなウワサまであります。
実際のところ、化粧水は使わない方が良いのかと言えばそんなことはありません。むしろ化粧水の働きにもっと注目して、こだわってほしいところです。そのように言う理由は、大人ニキビの原因が、皮脂ではなく、乾燥にあるからです。洗顔を頑張るのは間違いではないのですが、洗顔が返って皮膚の乾燥を生み、結果、体が乾燥を避けるためにかえって皮脂を大量に分泌することもあります。

 

洗顔を頑張るだけでは乾燥は免れず、肌の汚れや皮脂を落とした後は、十分に保湿して乾燥を防ぐのが大事なのです。ここで用いられるのが化粧水やジェル、クリームで、スキンケアの中で、肌の保湿力を高め、乾燥を防ぐ役割を担っています。正しくスキンケアを行うことで、肌は正常なバリア機能を発揮して、ニキビを生じさせるような刺激や菌から肌を守ることが可能になるのです。

 

 

化粧水の役割

スキンケアの中で化粧水がどのような役割をしているかと言いますと、化粧水は肌に浸透して、潤いをもたらす効果があります。洗顔後は基本的に肌表面は皮脂が無い状態ですから乾燥しやすく、肌細胞自体が水分をどんどん奪われていくようになっています。乾いてしまわないように水分を与えつつ、一緒に含まれている有効成分を届けることが化粧水の主要な役割です。
また、肌に浸透していくことで、クリームやオイルなどの他の美用品の有効成分を、肌の奥に届けるための水分の道を作る役割も果たしています。肌にとっていいことこそあれ、ニキビだからといって使わない理由はありません。

 

 

誤解が起こる理由

誤解の理由として考えられるのは、化粧品の品質による原因です。化学成分が多い化粧水が、ニキビによってできている肌の炎症に刺激を与え、炎症を悪化させていることが考えられます。ニキビの炎症がかなり進んでいて、化粧水の使用時に染みるような痛みを感じるなら、いったん化粧水も止めた方がいいのは間違いありませんが、天然成分が多いものであればそのような刺激があることは少ないと思います。

 

また、他の理由としては化粧品全般に使われている様々な油脂成分が、特に皮脂に対して敏感になっている間違ったニキビケア知識によって
毛嫌いされていることも考えられます。正しいスキンケア知識があれば、こうした誤解は避けられますので、化粧水の効果をわかって、有効にニキビケアに役立ててもらえたらと思います。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキング

関連ページ

大人ニキビの芯は取るべき?
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
ニキビがある時はメイクはしてはダメ?
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。
ニキビは遺伝に関係する?
顎ニキビが治らない方は必見です。なかなか治らない顎ニキビは専用のジェルクリームで根絶しましょう。