しこりニキビとは?その原因は?

ニキビと一口に言ってもそのでき方や形態はいろいろあります。ちょっと赤く膨らんだだけのものもあれば、頂上に白い芯があるものもあります。時にはかゆみも伴って現れる固い腫れを「しこりニキビ」と呼ぶことも。

このしこりニキビの中には、ニキビの芯も見えず肌の変色も見られない、ひとつの腫れのように見えてしまうものもあって見分けるのが難しいそうです。とはいえ、これらもやはり原因がわからなければ繰り返し現れてしまいますし、放置しておけば他の種類のニキビと同じく跡が長く残ってしまうようになります。

 

一般的にニキビは「コメド」という皮脂や角質の塊が毛穴に詰まることで生じ、ニキビの頭頂に見える白い芯は、これらコメドや炎症による膿が表に出ているのです。しこりニキビの場合は、この芯が見えない場合があるのですが、それだとしても通常にニキビ同様に毛穴の中で皮脂のつまりや炎症は起きています。

ただ、それが表面には出づらいほどに毛穴の深い部分で起こっているので、肌の表面部分からニキビの芯を確認できず、時には炎症の様子すら見えないのです。こうしたしこりニキビができる原因は、内部で起こった炎症による膿などが、外側に出て行かないために起こっていると考えることができます。

 

そして、しこりニキビは何度も繰り返すことが多いため、個人の体質や生活習慣に根本的なニキビを作る原因があると見られています。たとえば、老廃物を体外に排出する機能が低下している状態であったり、冷えなどで血流が悪く体内に毒素がたまりやすい状態であることが考えられます。

原因が原因ですから、治療のためには多少の時間をかけて、じっくりと根本的に取り組まなければ再発する可能性が高い厄介なニキビです。

コメントは受け付けていません。