冬のテカリはニキビサイン

夏は皮脂が浮きやすいシーズンであり、汗もかきやすいですから、肌がテカってしまいやすい時期です。しかしながら、真冬になっても顔がテカってしまう、そういった女性も最近は少しずつ増えてきていると言われています。

テカリはもちろん、皮脂によるものですから、放っておくと毛穴を詰まらせ、ニキビその他の肌トラブルの発生原因となってしまいます。冬になっても顔のテカリが見える人は、脂性肌の可能性が高いため、肌の性質に合わせたケアをしてあげる必要性があります。

大切なのは保湿

皮脂を取り除くためにまず真っ先に行われるのは洗顔ですが、洗顔を一日に何回も繰り返すと、むしろ皮脂分泌をさらに増加させてしまいます。皮脂がゼロになると、肌表面を保護するために皮脂を分泌し始めますから、肌の表面には皮脂があふれてテカリ、イタチごっことなってしまいます。

皮脂分泌が過剰になるのを防ぐには、肌のバリア機能を強化してあげて、皮脂に頼らずとも外部からの刺激をブロックできる状態を作ることが必要不可欠です。肌のバリアを作っているのは、皮脂と肌の水分で、層状になってバリアを形成します。ですから、バリア強化のためには適切な皮脂分と水分が重要。

皮脂はもう十分に出ていますから、足りない水分を保湿でまかなってあげることで、バリアの層をしっかりと作ることができるのです。洗顔を躍起になって行うとかえって皮脂を不足させて水分が失われますから、皮脂が多い人は朝夜の洗顔時の他は軽くふき取る程度にして、乾燥対策と保湿をしっかり行いましょう。

冬の乾燥に要注意

多くの人が冬はニキビができやすいと感じていますが、この原因と考えられるもののひとつは空気の乾燥です。上記のように、乾燥すると肌の水分が空気中に逃げていきやすく、それによって肌のバリア機能が低下しやすいのです。また、肌の乾燥が皮脂の過剰分泌を誘い、それによって顔もテカってしまいます。

それから、冬の寒さのために体の血行が悪くなってしまって、代謝不良が起こり、肌細胞の生まれ変わりがスムーズにできなくなります。そうした原因で肌のもつ本来の免疫機能が弱り、結果としてニキビの菌や炎症に弱くなって肌表面に出やすくなってしまいます。

ニキビの原因は皮脂だと考えられることが多いですが、それだけではありません。むしろ、大人ニキビの場合は加齢や乾燥によるバリア機能の低下が原因です。しかし皮脂も重要な要素であるのは確かですから、乾燥して肌のバリアが弱りがちな冬に、テカリが見えるほど皮脂が多い場合は、ニキビができやすい条件がそろっているので注意する必要があります。

コメントは受け付けていません。