ニキビ対策における日焼け止め選び

ニキビ対策に必要なことのひとつは紫外線対策です。紫外線は肌を乾燥させたり、ターンオーバーを乱す作用があるために、ニキビの発生や回復に大きな影響を持っています。日傘や帽子、サングラスを使って日差しを避けるのはもちろんのこと、しっかりと日焼け止めを用いていくことが大切です。

それではニキビ対策としてはどのような日焼け止めを選ぶべきでしょうか。

オイルフリー

化粧品や日焼け止めの成分には、油分が含まれていることが多く、これが酸化してしまうとニキビの原因になったり炎症を起こしたりします。特に、ニキビがすでにできている状態や、敏感肌の人の場合には、塗るだけでも肌には刺激が強く、ダメージとなる場合がありますので注意が必要です。

かと言って、ニキビができている部分は避けて塗るのもダメで、ニキビができて肌がダメージを受けている状態で紫外線を受け続けると、メラニン色素ができやすく、シミなどができやすくなってしまうので注意しましょう。

無香料・無着色のもの

ニキビができている状態や、ニキビになりやすい肌の状態というのは、肌にダメージが蓄積していることが多く、多少の刺激でもトラブルになりやすいです。

ですから、できる限り肌への刺激が軽くなるようにすることを優先して、配合される成分が少なく、できるだけ添加物の入っていないものを選択しましょう。香料や色は、紫外線を防ぐという役割においては不要ですから、必要な機能に絞り込んで作られた日焼け止めを利用することをオススメします。

紫外線吸収剤が入っていないもの

紫外線吸収剤と聞くと日焼け止めにはすごく効果がありそうに聞こえますが、これは「アレルギー等の皮膚障害を引き起こす恐れのある成分」として、表示すべき成分としても指定されているものです。

アレルギーが無くても、肌が刺激に弱くなっているため、こうした刺激の強いものは避けるのが無難ですし、成分表を見ればすぐにわかるのでしっかりチェックします。

PAやSPFの値が強いものに頼りすぎない

日焼け止めの指標として、PAやSPFというものがあります。これらは、紫外線の種類ごとに対する指標ですが、この指標が高いものは、通常と比較してどれだけ長く紫外線を浴びたときに、炎症などの症状が出るのかで評価をしているものです。

ですからPAやSPFが高いものが高品質ということではなく、一度塗れば長持ちする、という程度に考えておくと良いでしょう。しかし実際は汗などで徐々に落ちていきますし、何よりPAやSPFの値が高いものはそれだけ肌に対する負担も強いものです。

基本的には持続時間が弱くても肌にやさしいものを何度も塗り直すべきで、特別なときだけそうした効果の長いものを使用するべきなのです。

コメントは受け付けていません。