顎 ニキビ 治らない

顎にできるニキビの原因

 痛いし、何日もその痛みが続く
 なかなか治らない
 一度できてしまった箇所は、何度も再発
 腫れ上がったニキビは見た目も悪く、恥ずかしい

 

そんな顎ニキビは大人ニキビとも言われます。
思春期にできる頬や小鼻、おでこなどに出来るニキビとは原因が全く違うため大人ニキビといわれます。顎やフェイスライン、そして口元などの特に嫌な部分に出来るのが大人ニキビ。その原因は以下3つと言われています。

■スキンケア不足(乾燥、誤ったケア)
■皮脂が溜まってしまう
■ストレス・ホルモンバランスの変化

 

専門家の意見でさらに詳しく

 

絶対にやってはいけないこと【1分30秒あたりに注目】

引用元:恵比寿美容クリニック院長堀江義明先生

 

自宅でできる顎ニキビの対策

ホルモンバランスはできるだけ栄養バランスの取れた食事・睡眠を取り、規則正しい生活を送ることで徐々に改善されていきます。そして、以下2点のスキンケアの見直しが、顎ニキビを治す上ではもっとも大切なことです。

 

正しいスキンケアで徹底的に乾燥を防ぐ

学生の頃のニキビは、汗をなるべくかかないように乾燥をこころがけて治していた人も多いでしょう。大人ニキビの1つである顎ニキビは保湿が非常に重要になってきます。皮脂を抑えながらも十分な水分が必要なのです。

 

顎は汗をかきにくい部位であり、肌が乾燥するとインナードライ状態になり、皮脂を過剰に分泌してしまい余計にニキビができやすい環境になるのです。また乾燥は角質層を強固なものにし、毛穴を塞いでしまうこともニキビの原因となります。

 

ターンオーバーを整えニキビの原因である皮脂を除去する

肌の古い角質層が落ち新しい皮膚が押し上げられてくる「ターンオーバー」といいます。ターンオーバーが乱れ(周期が乱れ)と、古い角質層が残ってしまい、皮脂や体の老廃物までもが毛穴奥に詰まってしまうことで、ニキビを誘発します。

 

ターンオーバーを正常化することで、一気に顎ニキビが消え、綺麗な肌に生まれ変わります。

日頃のフェイスケアで、顎を徹底的に保湿し、ターンオーバーを整えるには、
顎のニキビ専用のジェルクリームが最も高い効果を期待できます。

 

今、顎やフェイスラインのニキビ対策に特化した商品が市販でも購入できるので、販売実績、口コミサイトの効果と評価をもとにランキング形式で紹介させて頂きますね。

 

顎ニキビ専用ジェル・クリームランキング

メルライン
 

メルラインは日本で一番売れている国産の顎ニキビ医薬部外品。化粧品ではないんです。あご・フェイスラインにニキビができやすい三つの原因「ターンオーバーの乱れ」「乾燥」「皮脂の詰まり」をひとつで対策可能でニキビ用ジェルです。

 

10種類もの保湿成分を高濃度で配合し、独自抽出のビオカタライザープラセンタによって健康な肌をサポートします。メルラインは肌ケアだけでなく、さらに美白効果や凸凹肌の改善効果もある万能ジェルなのです。そして無添加でアロマ配合と、まさに大満足の品質となっています。

 

モンドセレクションを受賞するなど、その品質が評価され、多くのメディアに取り挙げられるなど話題沸騰中です。顎ニキビでお悩みの方はぜひお試し頂きたい商品です。

 

 

 

価格 容量 評価

4,480円
(初回購入時)

55g (約1ヶ月分) 顎,ニキビ,治らない

ルナメアAC

富士フィルムのルナメアACは、富士フィルム独自の有効成分とうるおいがニキビの元に直接届いて、大人のニキビを予防するニキビケア製品です。

 

お肌への刺激が強く、長く続けてケアすることができなかった方や、本当に効果があるのかわからないまま、繰り返しニキビで悩んでいた方に、植物のやさしさと、独自のナノ技術が生んだ浸透力で、ニキビの元に直接はたらきかけてケアしていきます。

 

使い方も簡単3ステップで、余計な手間をかけさせません。多くの方がその効果を実感し、使用後の満足度は驚きの84%!そして今なら1週間分のお手入れキットが、初回限定キャンペーン中です。

 

 

 

価格 容量 評価

1,080円
(お試しキット14回分)

洗顔料:15g
化粧水:30ml
ジェルクリーム:12g

顎,ニキビ,治らない

ノブACアクティブ

ノブACアクティブはニキビケアだけではなく美白も可能にした人気のケア製品。紫外線によるシミ、そばかすから肌を守り、保湿とマイルドピーリングの効果によってツルツルお肌を実現します。

 

長年改良を重ねながら多くの女性たちのニキビケアをサポートしてきた実績あるノブACアクティブは全品ノンコメドジェニックテスト済みですから、安全性はもちろん、ニキビケア効果も抜群です!

 

今回は商品リニューアルによって、保湿力・美肌効果がアップし、トライアルキットは@cosmeのクチコミランキングトライアルキット部門で堂々の1位を獲得しました。使ってみてわかる、納得の品質です。

 

 

 

価格 容量 評価

1,500円
(お試しセット7日分)

メイク落とし:20ml
洗顔料:15g
化粧水:20ml
乳液:6ml

顎,ニキビ,治らない

ビーグレン

ビーグレンのニキビケアセットは、皮脂を取りすぎずに潤いをキープすることでニキビのできにくい肌を作り出すニキビケア製品。天然クレイ「モンモリロナイト」による吸着洗顔は肌にも優しく、ニキビのもとになる肌表面と毛穴の汚れをきれいに洗い落とし、そして独自の浸透テクノロジーによって角層の奥にまで有効成分を届けます。

 

満足度98%以上という高評価の結果、リピーターが今も多いことで、大人ニキビに悩む女性たちから強く支持されています。ニキビが繰り返し出来る方、顎やフェイスラインのニキビが気になりだした方、敏感肌の方、乾燥肌なのにニキビが出る方などに有効な、大人のニキビケア製品です。

 

 

 

価格 容量 評価

1,944円
(お試しセット7日分)

洗顔料:15g
化粧水:15ml
美容液:7mL
モイスチャークリーム:10g

顎,ニキビ,治らない

ラ・ミューテ

ラ・ミューテから登場している美肌セットは、大人ニキビで悩む多くの女性たちの強い味方となってくれる美用品です。その効果からメディアにも多数掲載され、注目度の高さが感じられます。

 

現代女性に多いニキビの原因に総合的に働きかけることによって、ニキビを予防するにとどまらず、美しい肌作りをサポートします。ホルモンバランスの改善、肌の保湿、毛穴の汚れをトータルサポートする有効成分を豊富に含んでいますから、その効果をきっと実感できるでしょう。

 

デリケートなお肌の方にも対応し、厳選された原料選びや製法はもちろんのこと、製薬会社と共同開発を行っていますので安全性・信頼性も折り紙つきです。

 

 

 

価格 容量 評価

8,550円

洗顔フォーム:120g
化粧水:100ml
美容液:30g(約2ヶ月分)

顎,ニキビ,治らない

オルビスクリアー

オルビスクリアシリーズは、ニキビケアに定評のあるオルビスの最新の大人ニキビ用スキンケア用品です。

 

洗顔料・化粧水・保湿液の三種類から成っていて、従来のニキビケアに加えて、女性特有の不調の際に生じる、バリア機能の低下をフォローしつつニキビ・肌荒れの原因から予防効果を発揮し、またニキビケアでおろそかになりがちな潤いもしっかりサポート。

 

モニター調査や第三者機関の人気投票でも非常に好評で、90%以上の利用者がニキビ予防効果を実感しているそうです。ホルモンバランスやストレスを言い訳にしない、したくない、そんな女性たちのための大人ニキビケアを可能にする頼もしい商品です。

 

 

 

価格 容量 評価

1,296円

洗顔料:20g
化粧水:40ml
保湿液:14g

顎,ニキビ,治らない

エトヴォス

エトヴォスは従来型のスキンケアではニキビが改善できなかった、そんな女性たちにご紹介したいスキンケア製品です。

 

洗顔、化粧水、クリーム、美容液から成るラインの商品で、皮脂を取りすぎないようにお肌の汚れを落として清潔にし、保湿を中心としたスキンケアを行いながら、ビタミンC誘導体でニキビを防ぎます。

 

ニキビが炎症を起こし、化粧水が染みるような人だったとしても、使っているうちに、お肌がきれいなツルツル肌になった、という実例も豊富。皮脂を落とすことに躍起になって、肌の管理がおろそかになってしまう、そんな間違ったニキビケア習慣がついてしまった人に是非試してほしい商品です。

 

 

 

価格 容量 評価

1,900円

洗顔石鹸:10g
化粧水:30ml
美容液:10g
部分用美容液:5g

顎,ニキビ,治らない

アクポレス

ライスフォースから販売されているアクポレスは、大人ニキビのポイントである、角質ケア、皮脂ケア、保湿ケアを実現する基礎化粧品のラインシリーズ。

 

ニキビへの効果と共に低刺激にこだわって作られたアクポレスは、肌質が敏感な方でもお使いいただくことが可能で、着色料、香料、石油系界面活性剤、動物性原料は使っていません。

 

芸能人やプロのメイクたちにも利用者が多く、有名メディアにも多数掲載実績がある商品のようです。独自開発のライスパワーエキスの効果をニキビケアにも応用したアクポレス、ニキビ対策と並行して従来製品とは違った潤い肌を作ってくれるでしょう。

 

 

 

価格 容量 評価

 900円
(ベーシックケア)
1,400円
(パーフェクトセット)

洗顔石鹸:8g
拭取り化粧水:15ml
保湿乳液:8ml
保湿化粧水:20ml
アクネジェル:3g

顎,ニキビ,治らない

メルラインが1位の理由

徹底保湿成分10種類を高濃度配合
ニキビ跡の凸凹もしっかりカバー
ニキビ跡の黒ずみを美白サポート

顎ニキビの大きな原因の1つである乾燥に対し、メルラインは高濃度の10種類もの保湿成分がたっぷり配合されており、高い浸透力で肌を潤わせターンオーバーを正常に導いてくれます。また、繰り返すニキビ跡の凸凹をしっかり改善し、同時に顎の黒ずみに対し美白サポートする効果まで期待できます。

 

以上3つのポイントが、顎ニキビ専用のメルラインが他社より一歩リードしている理由になります。ニキビケア専用商品はいくつもありますが、顎ニキビに特化した専用クリームは多くはありません。「顎ニキビ用部外品でNo1の売り上げ」、「5万個以上の販売実績」が確かな実力を証明しています。

 

 

 

顎ニキビ お役立ち情報

顎ニキビよくある疑問 顎ニキビの治し方と予防


⇒詳細はこちら


⇒詳細はこちら

顎ニキビのいろは 顎ニキビの豆知識



⇒詳細はこちら



⇒詳細はこちら

顎ニキビができる原因は?もっと詳しく知りたい!

思春期にできるニキビとちがって、顎やフェイスライン、口下部分、首との境い目にできるニキビのことを顎ニキビと呼びます。この顎ニキビは大人ニキビと呼ばれる種類のものの代表格。そのために悩んでいる方は非常に多いです。
こうした顎ニキビの原因と考えられるものについて見ていきます。

 

雑菌

思春期のニキビでもそうなのですが、顎ニキビで悩んでいる人に多い特徴は、自分の顔をよく触っているということです。特に、ニキビが一度気になりだすと繰り返し触ってしまう人がいます。こうした行為によって、ニキビを刺激して悪化させたり、また手についている様々な雑菌によってニキビの状態を悪くしてしまっています。

 

もしもニキビが見えるとついつい触ってしまうという人は、その部分にコンシーラーを塗って見えなくしてしまう方法もあります。男性であればバンドエイドでもいいですが、女性の場合は見た目の印象もあるので、できればメイクをする、もしくはマスクをすると良いかと思います。できるだけ触らない、触るにしても直接触れないようにする、というのが対策としては有効になります。

 

ホルモンバランスの崩れ

顎ニキビができる原因といえば、何といっても「ホルモンバランスの乱れ」です。女性のホルモンバランスは特に乱れやすく、ストレスや、生活リズムの変化、環境の変化や疲れ、PMS(月経前症候群)などで簡単に乱れてしまいます。実は女性ホルモンは、ホルモンの量は一生でスプーン一匙程度しかないそうで、微かな変化が起こるだけでもその影響を体は受けてしまうのですね。


さて、このホルモンバランスが乱れることでどのようなことが起こるかと言いますと、ホルモン中の男性ホルモンの働きが相対的に強くなってしまって、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。すると、いわゆるオイリー肌になってしまい、毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすい状態を招いてしまいます。

 

男性ホルモンの影響

誤解されがちですが、男性ホルモンも女性ホルモンも男女両方に存在しています。ただ、女性であれば男性ホルモンの割合は男性に比べて5〜10%程度と非常に少なく、その影響がそれほど大きくないのですが、このバランスが崩れるので問題が生じます。

 

実は顎のまわりは男性ホルモンの影響が非常に大きい箇所で、男性たちにヒゲが生えるのはそのためでもあります。男性の場合はヒゲのために毛穴が開いているのですが、女性の場合はそうでないので、皮脂が過剰に分泌されると小さな毛穴がすぐに詰まってしまって、ニキビができやすくなってしまうのです。
このように男性ホルモンがニキビを作る原因になってしまうのですが、ストレスを強く受けた際に、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンが分泌されるために、顔の皮脂腺が活発になり、ニキビができやすい状態ができてしまうそうです。

 

また、女性の場合、排卵日から次の生理日までは黄体ホルモンの分泌が盛んになり、その影響によって皮脂の分泌が盛んになってしまいます。これは、黄体ホルモンには男性ホルモンのアンドロゲンに似た作用があるために、やはり皮脂の分泌を活発にしてしまうからです。生理前に肌の調子が乱れるという経験のある方も多いと思いますが、その背後にはこうしたホルモンバランスの乱れがあったのです。
こうしたホルモンバランスを調整するためには、生活リズムを整えたり、アロマでリラックスしたり、有効成分を含むサプリメントを服用すると効果的です。

 

胃腸の乱れ

胃腸の調子が悪い場合に、ニキビや肌荒れができやすいということがあるようです。これは直接的な関係は無いそうですが、間接的な影響は考えられるとのこと。仕組みとしては、胃腸の調子が悪くなることで消化がうまくいかず、胃腸に毒素が残ってしまい、それを追い出すために毛穴がダメージを受けながらも、対外に排出しようと機能するためにニキビができやすくなると考えられます。

 

胃腸は敏感な部分であり、ストレスや疲労の影響を受けやすいですから、生活リズムを整え栄養バランスや消化を考えた食事をし、十分な休養を取りましょう。また、便秘や冷えといった要素もこの胃腸の不調を招きますので、そうした状況を招くような習慣を控えることが大切です。冷たいものばかり飲み食いするとか、クーラーを必要以上に冷たく設定したり、また食物繊維を含む野菜や果物をあまり食べないなど、そうした習慣によって、胃腸の不調と、そしてニキビ肌を招いてしまうことがあります。少し気をつければ解決される問題ですから、意識して改善しましょう。

顎ニキビの治し方について、さらに詳しく

思春期のころと違って顎やフェイスライン沿いに発生するニキビを、「大人ニキビ」などと呼びますが、これを治すにはどうしたらいいのか確認していきましょう。

 

対策の基本方針

顎ニキビの原因として考えられるのは、これまで述べたように乾燥、皮脂、ホルモンバランスの乱れが代表的です。ニキビの原因はアクネ菌といわれている誰にでもある皮膚の細菌で、このアクネ菌が作る物質が、ニキビの炎症や腫れを引き起こします。そして、このアクネ菌は、皮脂を好み、栄養源として増殖するため、乾燥・皮脂対策が必要になります。
また、ホルモンバランスの乱れによって皮脂が増加することもあるので、ホルモンの調整も大事なポイントだと言えるでしょう。具体的なケアについて見ていきたいと思います。

 

乾燥を防ぐ保湿ケア

皮脂が増えるのを嫌がって過剰に洗顔をすると、かえって肌が乾燥し、肌が乾燥を嫌って過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。それが顎ニキビの原因になりやすいため、洗顔後はしっかり保湿することが大切です。角質層は乾燥してしまうと、剥がれ落ちるのが遅くなって残ってしまい、それが毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。

 

洗顔時に大事なこととして、雑菌がつきやすい場所です。そのため手で触れることはなるべく避け、洗顔時も刺激を与えないように、泡だけで洗顔する意識で洗顔すると炎症が起こりにくくなります。化粧水などで保湿することはもちろん、保湿成分の多い美容液やクリームによるケアも有効に作用します。

 

皮脂の増加を防ぐホルモン対策

ホルモン対策としては、男性ホルモンの量を抑制することが対策につながります。というのは、男性ホルモンの増加によって皮脂量が増えるからです。男性ホルモンは特に顎に影響するため、その増加を防ぐことによって、皮脂の増加を防ぎ、顎ニキビを抑制することができます。家庭でできる方法としては、生活リズムを整えたり、ストレス解消をすること。生活上の些細なことでホルモンのバランスが乱れますから気をつけましょう。

 

皮膚科医院では、ホルモン治療を行ってくれるところもあり、皮脂の過剰分泌や角栓のもとになる男性ホルモンを抑制してくれることもあります。男性の場合は男性ホルモンが増えても顎にヒゲが生えるために毛穴が開き、それほどニキビができないのですが、女性の場合は毛穴も小さく、詰まりやすいので、男性ホルモンが少し増えるだけでもその影響が大きく現れるのです。

 

絶対に手で触らない

先ほど出てきましたが、顎のニキビができる原因の1つに雑菌があります。顎にニキビができると嫌でも目立つし、どうしても手で触ってしまうんですよね、気持ちは分かりますが。ただ、これは百害あって一利無しなので、絶対に手で触れるのはやめる意識を持ちましょう。

 

その他

顎ニキビ対策としては、他にもレーザー治療やピーリングなどの方法もあります。しかし、これらは対症療法であって根本的な解決にならないことと、また肌に大きく負担をかけてしまうリスクがあるので、場合によっては肌に大きなダメージを与えてしまう危険性があります。基本的なケアとしては、保湿とホルモンバランスの調整を念頭において、手で触らず清潔な状態を保つこと・皮脂の過剰分泌を抑えることに気をつけると良いでしょう。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキングに戻る

皮膚科での治療について

顎は大人ニキビの定番と呼ばれる部分で、治したいと思う人が多い反面、誰でもできるものだからと軽く考えられがちなのだそうです。実際、アンケート調査ではニキビを見つけた場合に2割の人は放置し、5割程度の人はまずは自力で何らのケアを試みるとの結果が出ていて、専門の医療機関を利用するという人は1割程度だったそうです。

 


確かに医療機関にかかると、セルフケアに比べて費用が高額になるばかりではなく、通院の時間も必要になります。また、継続的なケアが効果的なので、定期的な通院も必要になります。ニキビケアで会社を半日休むなど、なかなか言いにくいでしょうし、忙しい現代人にとって皮膚科での治療は誰にでも向いているとは言えません。
まずは、セルフケアを実践し、どうしても期待する効果が出なかった場合、最後の手段として皮膚科での治療をしてみるのもいいでしょう。

 

皮膚科治療の種類

ニキビは確かに重大な病気とは言いがたいですが、放置して悪化してしまうと、その跡が一生ものとして残ってしまうこともあるので注意が必要です。医療機関においては、ニキビの種類や進行状況、また患者の体質によって、様々なアプローチが確立されています。皮膚科で実際に行われている顎ニキビの治療方法についてご紹介します。

 

◆塗り薬

最も簡単に行うことができる治療方法が塗り薬によるものです。塗り薬によるニキビ治療の良いところは、多くの場合は保険の適用ができるために、治療費を抑えることができるところです。
古くから使われている塗り薬としては、イオウ製剤があります。これは洗浄力と殺菌力があり、ニキビ予防や炎症の抑制に効果があります。また、古い角質を柔らかくし、毛穴に詰まった角質をはがして除去して、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。

 

最近増えているのは外用レチノイドで、ディフェリンゲルという種類の塗り薬です。これは海外ではずっと以前からニキビ治療に用いられていたもので、顆粒細胞が角質細胞になるのを防ぎ、毛穴を詰まりにくくする作用があります。同じ外用レチノイドとして、多くの肌トラブル治療に用いられる「トレチノイン」という種類もあるのですが、現在のところ保険適用外のため、あまり勧められてはいないようです。

 

◆飲み薬
飲み薬は、基本的に敏感肌やアレルギーなどの関係で塗り薬が使えないときに処方されていることが多いです。飲み薬は基本的に抗菌薬であり、体の免疫力を高めてニキビができにくく、炎症を起こしにくい状態にすることが目的です。こうした抗菌薬には、セフェム系、マクロライド系などの系統があり、病原菌の発育抑制や殺菌のメカニズムも様々です。このように使われる薬は、同じような成分の塗り薬があることも多いです。

 

◆理学療法
最後に、理学療法による施術方法について見てみましょう。多くの場合、保険が適用されないために高額になりやすいのがネックですが、ニキビ以外の多くの肌トラブルに対しても有効なものが多いのが特徴です。代表的なものは面皰圧出と呼ばれる施術で、これは専用器具を使って毛穴に詰まったいわゆるニキビの芯(面皰)を文字通り取り除きます。炎症を起こす前の比較的、初期のニキビに効果的ですが、いわゆるニキビを「潰す」方法ですからその後の処理やケアに注意が必要です。

 

ケミカルピーリングは特殊な薬剤を用いて、古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促してニキビを予防・改善する効果のある施術です。ニキビ以外にも、シワ・たるみなど、多くの肌トラブルの治療にも用いられます。
また、微弱電流を流すことで、有効成分を真皮層まで浸透させるイオン導入という施術は、ビタミンC誘導体や保湿成分を肌の奥にまで浸透させて肌のバリア機能を整え、ニキビに対する抵抗力を強くする効果があります。イオン導入は、上記のケミカルピーリングの後に行うとより効果的だそうです。

 

 

>>>顎ニキビ対策 【専用】クリームランキングに戻る